こんにちは、岐阜市東胃鶉にあるボディメンテナンス岐阜整骨院・整体院の小野です。6月にはいりましたね、6月と言えばじめじめとした梅雨がやってきます、洗濯物が乾かなかったりと主婦の方には悩ましい時期ですね、そして子供の送り迎えも雨のひだと危ないですし、子供たちの登下校時もカサをさして視界が悪くなるので、いつも以上に気を付けていきたいですね、今回は、この時期に気を付けていただきたい交通事故について書かせていただきます。

6月の梅雨時は交通事故が多発する季節でもあります。雨で視界が悪くなるために、追突事故や、歩行者をはれる事故、みずたまりでブレーキが不能になる、スリップ事故などの、事故が毎年頻発しています。交通事故は避けたいものですので注意事項等についてお伝えいたします。

1・雨による視界の悪化。交通事故が多発時間帯は季節関係なく薄暗い明け方と夕方です。梅雨時期は曇り空が多くて薄暗い状態が続きますので、視界が悪くなり事故がおきやすい状態にあります。

2・水たまりによる路面の悪化。雨が降り続くと水たまりが道路に出来ますが、みずたまりが大きくなるとタイヤが滑りやすくなり事故が起こりやすくなります。ハイドロプレーニング現象と言って、これは水たまりを歩行中に起こる現象でタイヤと路面に水が入ることによって車がアイススケートのようにスーッと滑ってハンドルやブレーキがきかなくなるというものです、スピードの出しすぎ、タイの溝のチェック、タイヤの空気圧のチェックが大切になります。

3・雨音による室内と室外の音の遮断。雨の日の運転は、雨音が大きいと、外の音を遮断しますので耳から入る情報がおろそかになります、そのために、前方や後方からくるバイクのエンジン音が聞こえないために、出合頭の事故が起こりやすくなり、また、子供の遊び声が雨音で消されてしまうために、衝突事故が発生しやすくなります。雨天時の運転時には、室内音を小さくする、窓を少し開けるなどのされるといいです。

また、雨天時は歩行者の行動についても気を付けていただきたいです。

・子供の急なとびだし ・雨に濡れたくないために無理な道路の横断がある ・信号を無視する人が増える ・傘さして自転車を運転している人が増える。 このような点を注意して頂いて、交通事故を防いでいきたいですね。

ボディメンテナンス岐阜整骨院・整体院では、交通事故専門の治療をしています。万が一交通事故に遭われた場合や、身近な方で交通事故に遭われてお困りの方や、交通事故の後遺症がある方は是非ご連絡ください!

ボディメンテナンス岐阜整骨院・整体院のHPはこちらです☆