こんにちは!!!

そしてお久しぶりです! ボディメンテナンス岐阜整骨院の鍼灸学生僧侶の正木孝尚です!!!

ここまでブログが書けなかった訳は国家試験を受けていたためです!

そして、この度無事国家試験に合格いたしましたので、これからはボディメンテナンス岐阜整骨院鍼灸僧侶の正木として、よろしくお願いします。

なので、今回は鍼治療について書いていきたいと思います。

鍼治療とは患部やツボに刺すことで身体のバランスを調節し、身体の機能を回復させるための治療法です。

患部にあるツボに鍼を刺すことで、与えられた刺激が免疫系や自律神経系に作用するため、効果があらわれます.

血液やリンパの代謝をアップさせることにより、筋肉の緊張がほぐれるだけでなく、患部の痛みを解消します。

鍼の基本的な効果は痛みに働きかけるものです。鍼を刺すことによって、その刺激で痛みを抑えるホルモンが分泌され、さらに脳に痛みを伝える神経をせき止める働きもあるとされています。

鍼治療は肩こりや腰痛を治すというイメージが強いですが、自律神経失調症、便秘、眼精疲労、頭痛、生理痛などその他のいろいろな疾患にも効果がありますし、運動器系、神経系、循環器系などにも、もちろん効果があります。

よく鍼は痛いの?と聞かれますが、注射針のような痛みはありません。

注射が苦手な方は多いと思いますが、注射針は竹を斜めに割ったような先端で採血や投薬のために中は空洞になっているため、痛みは起きやすくなっていますが、鍼灸で使用する鍼の形は松葉型になっていて、皮膚を押し刺すような構造になっています。鍼の太さも一番細い針で人間の髪の毛くらいの太さなので痛みは起きにくくなっています。さらに日本の鍼は管鍼法という技法を使っております。

先程書いたように、細い鍼を使うため、直に刺しにくいため、鍼管という管を使って刺しますので、さらに痛みは起きにくくなっています。

ただし、刺激が欲しいというかたにも太い鍼やパルス(電気鍼)もご用意しておりますので、ご安心ください。

ボディメンテナンス岐阜整骨院では、いろんな種類の鍼といろんな種類の技法がありますので、患者さんそれぞれの症状、好みに合わせてやり方を変えることが出来るので、興味のある方は気軽にスタッフにご相談ください!!!

ボディメンテナンス岐阜整骨院スタッフ一同お待ちしております!!!

ボディメンテナンス岐阜整骨院・整体院HPはこちらです☆