岐阜県岐阜市東鶉にある、ボディメンテナンス岐阜整骨院、整体院の宇佐美です。

ご挨拶が遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

私の今年の目標はもっと皆様のお力になり、喜んでいただける院造りをするため、新しい事への挑戦と、勤勉の姿勢を忘れずに過ごそうと思っております。

久しぶりのブログ更新となりましたが、今回も担当が交通事故ということなので、交通事故に関しての内容に触れていきたいと思います。

当院は交通事故の専門治療も行っており、これまでも多くの患者様にご来院頂きました。交通事故が一番多いのは特に夏場、続いて現在の冬場となっております。原因としては、雪やその後の凍結によるお車の操作ミス、スリップによるものがほとんどだそうです。

悲しい事ではございますが、先日国道21号線で交通事故でお亡くなりになった方もいらっしゃったそうです。そのような悲惨な状態を生まないためにもお車を運転するすべての方々が注意しながら過ごす必要があります。

このところ雪が続いて降っており、交通事故をされていらっしゃる方を多く見かけます。事故の多いこの時期だからこそ、運転に気を付けていただく事、そして万が一起きてしまったとしても冷静な対応を取れなければならないと思います。被害者になっても加害者になっても辛い事、大変なことがございます。今回はあってはなりませんが、加害者になってしまった時のお話をさせていただきます。

まず、車対車で加害者になってしまった場合、相手の安否を確認し警察に連絡します。たとえ、軽微な事故だとお思いになっても自分自身だけで判断せず、一度警察に連絡しましょう。その後警察や被害者側の方とのお話で、事故の負担割合などが決定されます。ちなみに停止時の後部追突などは負担は0割ですがたとえ相手方に非があったとしても動いている状態だとこちら側にも不注意があったとみなされ負担割合が発生いたします。正直相手方に怒りを覚えてしまうこともあるとは思いますがなるべく冷静にお話されることをお勧めいたします。

その後保険会社も交えて今後の事を決定していきますが、お体の治療に関しての内容は当院に対応をお任せいただけます。ご自身で対応してくださる方もいらっしゃいますが、正直に申しますと、被害者の場合、相手方の保険会社様との対応になります。保険会社様も保険による負担金をなるべく減らせるよう時には心無い対応をされ、気分を害されたり、精神的に追い込まれる患者様のお話も今までに聞いております。できるだけ私どももお力になりたいので対応を任せていただいたほうがよろしいかと思います。

結論を申しますと、交通事故は起こさないに越したことは無しのですが、誰もが起こそうとして起こすものではございませんので不運にも交通事故に遭ってしまった際の知識を皆様に持っておいていただきたいと思いました。

またの機会に続きをお話させていただきます。ありがとうございました。クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

ボディメンテナンス交通事故はこちら